メラトニンサプリのおすすめを紹介!効果と副作用も解説!

メラトニンを効果的に摂取できる食べ物やサプリメントを紹介しています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

メラトニンって何?どんな効果があるの?

メラトニンとは脳内で分泌されるホルモンの1種であり、別名睡眠ホルモンとも呼ばれるものです。

 

その呼び名の通り、睡眠と密接な関係を持っています。

 

脳内には様々なホルモンがありますが、なかでもこのメラトニンは体内時計を調整してくれて、質のいい睡眠をもたらしてくれるという効果があると言われています。

 

ですから、反対に何らかの理由でこのメラトニンの分泌が少なくなるなどすると、睡眠の質が落ちて寝不足になってしまったり、最悪の場合には不眠症などの睡眠障害を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

 

メラトニンをきちんと分泌させるには規則正しい生活と適度な運動が大切と言われています。

 

また、メラトニンの不足を補ってくれるサプリメントなども市販されています。

 

メラトニンを多く含む食べ物

メラトニンは睡眠を促す他、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促したり、疲労回復に作用するホルモンです。

 

病気予防や老化防止に効果を持つと考さられ、注目が集まっています。

 

メラトニンは、体内で作られるだけでなく、食べ物からも摂取できます。

 

メラトニンを多く含んでいる食べ物として、ケールが有名です。

 

メラトニンは他にも、とうもろこし、米、オート麦、バナナ、カイワレ大根、しょうが、トマト、キャベツなどにも、多く含まれています。

 

米やしょうがなど、普段から口にしやすい食べ物も多いですから、意識して積極的に取る様に心がけましょう。

 

メラトニンの副作用

メラトニンは体内で作られるホルモンの一種で外界の明るさにより量が変わり、明るい時には生成が止まり、暗くなると増量され入眠を促す作用があります。

 

このメラトニンは動物実験上副作用は確認されてないものの、長期服用した場合のデータが無く今の所よく分かっていませんが、サプリメントの様な形で摂取した場合、体内で生成できる能力が低下するのではないのか、といった懸念があります。

 

それでは、食品として摂取すれば良いのではないかと思われるかも知れませんが、ケール、とうもろこし、米などは他の食品よりも含有量は多いものの必要量に比べてはるかに少ない量しかありません。

 

そこで、発想を変えてメラトニンの原材料であるトリプトファンを摂取する方法もあります。

 

トリプトファンが多く含まれている食材としては牛レバー、豚ロース、鳥の胸肉などがあります。

 

【最後に】メラトニンを効果的に摂取できるサプリはコレ!

メラトニンを効果的に増やすサプリメントも様々ありますが、特に最近人気なのが「潤睡ハーブ」というサプリメントです。

 

睡眠をサポートするサプリメントで、ストレスを改善するような成分も入っているので、効果的に改善できることも多いです。

 

キャンペーンページで最安値で購入できますし、返金保証も付いているので、試してみる価値は大いにあります。

 

▼キャンペーンページはこちら【返金保証付き】▼

メラトニン